お掃除の日程を決めることが大切?

それはゴミの回収があります。

大掃除に出るものは、決まっています。

それは、大量のゴミと言うことです。

燃えるゴミも袋に山ほど出ますよね。

あと不燃ごみもかなりの量が出ると思います。

お掃除だけして何も一切捨てないと言うお宅はないくらいです。

ですから、とにかく掃除をすればゴミが出ます。

当然です。

(汗)ですから、掃除がメインだったのが「捨てる」行為もメインになりますよね。

また、不燃ごみも山ほど出ます。

もちろん、可燃ごみなら週に数回、集荷日があると思います。

ですから、それに合わせて捨てれば良いと言うことです。

一日、二日、置いておくと捨てられるのが可燃ごみと言えます。

しかし、不燃ごみなどの場合は、月に二回くらいしか集荷がないことがあります。

ですから、捨てるタイミングを逃すことがあります。

そうすると、不燃ごみを抱えたままになります。

それで、お正月を迎えることになってしまいますよね。

(汗)それが年末ぎりぎりになると、集荷自体がお休みになる事もあります。

ですから、年内、最後の不燃ごみ回収に合わせ、大掃除をその前に予定する事がポイントになります。

また、不燃ごみだけではありませんよね。

粗大ゴミもあります。

(汗)大掃除の時、家具が古くてもう処分したいと思う時もあります。

押入れの中にずっと眠っている使わない椅子とか、また小さなインテリアなどがあります。

これらは、大掃除の際に捨てたいと思いますよね。

簡単!浴室をいつもキレイにする掃除【5つのポイント】 | スグ得

あと引っ越しのときって掃除たいへんですよね。体力がとてもいりますね。掃除だけでなく荷作り、運ぶのも大変。それにお金。引越しをするにあたり、土日祝日は費用が高くなります。

休みは土日や祝日だという人が多くいるので、引越し需要が一気に高くなるからです。

電気料金も日中は使用者が多いため高く、使用者の減少する夜間の方が割安ですよね。

できるかぎり人とちがう日にすると、引越し費用を低く抑えられるでしょう。

私はその昔分譲マンションでシングルの倍の幅があるベッドを使用していました。

事情があって住居を売却し、スペースが限られた賃貸へ引越しすることになったのですが、ベッドが部屋に入らないことに気づきました。

仕方なく親しい仲間に譲り、滞りなく引越しを終えましたが、新しく購入した寝台はもしもまた引越っこすようなことがあった時に入らないと困るので、シングルに決めました。

どれだけ経験があっても、引っ越しの際の準備には苦労します。掃除する日も確保しておかないといけませんしね。

初めての引っ越しでしたら、なおのことその苦労が身に染みるでしょう。

引っ越しの負担を軽減するためには、なによりも、ゆとりを持った計画を立てることが大切です。

この計画を出来るだけ大雑把に実行に移すことがポイントです。

当然、計画通りに進められるのなら一番ですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。

引っ越しの荷作りや手続きも大変ですからね。

計画にゆとりがあれば計画通りに進まないことがあっても、簡単に軌道修正して準備を続けることが出来るでしょう。

ヤマトの単身引っ越しパックが使いやすいと友達が言っていました。

正直なところ、見積もりでは他にもより安い業者があったけれで丁寧な上に感じも良かったので、ヤマトにしたと言っていました。

いざ引っ越すという日も手早くて丁寧な作業だったとすごく褒めたたえていました。

クロネコヤマトを使って引っ越ししているところをよく見かけますが、どのくらいの料金なのでしょう?以前と違い、複数の引越し業者に必要な料金を尋ねて引越し業者を選ぶことが普通になっています。

クロネコヤマトと他社とで料金的には大きな差はないかもしれません。

しかし、オプションの面で得をしたり、作業員の仕事の質が高いと評判です。

新しいわが家に引っ越しした際には、隣のお宅に挨拶しに行ってきました。

ちょっとしたお菓子を買い込み、のしはつけずにお渡しました。

初体験だったので、少々緊張しましたが、マイホームとはこの先継続的に住み続けるところなので、お隣の家とは、仲良く気持ちのよい生活していきたいと思って挨拶に参ったのです。

引越しをしようと思うと、大量の荷物を入れた段ボールをあちこちに運んだり、業者さんに混じって家財道具を運んだりと大忙しです。

一定時間行っていると、手のひらは真っ赤になります。

業者さんの手はというと、きちんと軍手をはめています。

業者に依頼したとしても、自分専用の軍手が必要です。

引っ越しにかかる費用は、割引になることも少なくないのです。

私の引っ越しの時も割引になりました。

荷物が少ない引っ越しだということで、軽トラですむことになり、それに応じて費用が大きく下がりました。

また、荷物をまとめるのも自分でやったのがほとんどだったため、思っていたよりもずっと安い金額ですみました。

引越しの前日にする項目で怠っていけないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。

水抜きができない人は冷蔵庫のコンセントは最低限抜いておいた方が良いです。

当然、中には何も入れないでください。

そうでないと、当日冷蔵庫の運搬に問題が生じる可能性もあります。

住み替えをする際、貨物自動車を停めたり、一時的に荷物を通路に置いたりするため、あらかじめ隣の方に挨拶に行くのが通常のことです。

車の乗り降りや通行の支障になりますので、あらかじめ同意を得ておくと引越しが終わった後のトラブルも防げます。

引越し会社に依頼した時は、そのような手間も代わりに行ってくれます。

お願いしましょう。

ギリギリになってしまうと、よく考えずに、勢いで決めてしまうことも。

それと、早めに、引っ越し費用のコストダウンもできるでしょう。