初めて白髪染めをする時、自分の髪がどれくらいの色に染まるのか、とても気になると思います。
白髪染めは、白髪量の程度によって染めた後の仕上がりが異なってきます。
その理由は白髪よりも黒髪のほうが暗めに染まってしまうことにあります。
これから初めて白髪を染めようとする方の多くは、白髪と黒髪が入り混じっていて黒髪の割合が多い状態だと思います。
その場合、白髪と黒髪でそれぞれ染まり方が異なりますから、自分の希望通りのカラーにしたいと思って染めても、実際の仕上がりがイメージと違うといったことが起きてしまいがちです。
ですので、白髪量と黒髪量の割合によってどのように仕上がりが変わるかを理解しておくことはとても大切な事なのです。
同じ白髪染め剤を使った場合でも、「白髪量が少ないほど暗い仕上がり」「白髪量が多いほど明るく色合いがはっきりした仕上がり」になります。
ところで、ご自分の白髪の割合はわかったとしても実際にどう仕上がるのかが、初めて行う白髪染めですからいまいちわからないと思います。
それならば、初めて白髪染めをしようという方は、どの色を選ぶのがいいのでしょうか。
結論としては、ご自分でイメージしている色よりも少し明るめのものを選ぶといいと思います。
白髪の量が少なめの方が染めようとする場合、イメージしている仕上がり具合よりも暗めに染まってしまうと考えられるからです。
イメージどおりに染まらなかったからといって、すぐにもう一度染め直すことはおすすめできません。
髪へのダメージが大きくなってしまいますし、一度暗めに染まった髪を明るめに染め直すのは難しいからです。
初めて白髪を染める方には、カラーを選ぶに当たってもう一つ気をつけておいたほうがいい事があります。
髪の毛が細かったりやわらかかったりする場合は、白髪染めの効果が十分に発揮されますので、染まりやすい髪質と言えます。
ですが、髪の毛が太かったり硬かったりする場合、白髪染めの効果が出にくく、染まりにくい髪質と言えます。
逆に染まりにくい髪質の方は、明るめのカラーを希望する場合、1つ明るめの色を選ぶといいと言われています。
初めての白髪染めですから、しっかり調べてご希望のカラーに染まるようにがんばってください。

関連ページ